ホーム 未分類 マリンチャレンジプログラム2023 採択者決定!

マリンチャレンジプログラム2023 採択者決定!

539
0

日本財団、JASTO、リバネスは、人と海との未来を創り出す仲間づくりのため、2017年よりマリンチャレンジプログラムを開始しました。これまで、海洋・水環境に関連するあらゆる研究に挑戦する中高生研究者を対象に、のべ279の研究テーマに対して研究費の助成や研究コーチによるサポートを行ってきました。

この度、マリンチャレンジプログラム2023の採択者を決定したのでお知らせいたします。数多くの申請をいただき、厳正なる審査の結果、全国5ブロックにて計40件が採択されました。採択者は夏の地方大会での成果発表を目指して、本プログラムのサポートのもと研究を進めます。

各地区ブロックでの採択件数は以下の通りです。

● 北海道・東北ブロック 6件
● 関東ブロック 10件
● 関西ブロック 8件
● 中国・四国ブロック 10件
● 九州・沖縄ブロック 6件

採択者は以下の通りです。

エリア演題/テーマ名研究代表者所属都道府県
北海道・東北地域の資源と環境が織りなす果樹栽培の可能性渡辺 唯莉秋田県立大曲農業高等学校秋田県
北海道・東北タマクラゲは再生できるのか我妻 希音宮城県宮城第一高等学校宮城県
北海道・東北山形県置賜地方におけるモツゴとシナイモツゴの分布調査新藤 匠杜山形県立米沢興譲館高等学校山形県
北海道・東北海産発光バクテリアの発光現象 ~新たなルシフェリン・ルシフェラーゼの探索~大友 菜結宮城県古川黎明中学校・高等学校宮城県
北海道・東北チゴダラの餌の嗜好性について渡邉 櫂宮城県仙台第三高等学校宮城県
北海道・東北メキシコサンショウウオの睡眠パターン解明による絶滅の抑止五十嵐 龍翔学校法人羽黒学園 羽黒高等学校山形県
関東家庭から排出されるマイクロファイバー回収装置の開発菅野 花鈴東京都立多摩科学技術高等学校東京都
関東浜名湖の渦潮は小粒でもぴりりと辛い ~渦潮が生じる地形要因と潮汐リズムの解明~天野 美悠浜松学芸高等学校静岡県
関東カワリヌマエビを宿主とする共生生物の共生状況と水質の関係鈴木 雅治埼玉県立久喜北陽高等学校埼玉県
関東海や川を本来の姿に戻すロボットの製作〜ゴミを集めるサメ~永田 賢之介東京工業大学附属科学技術高等学校東京都
関東海綿動物と共生している微生物の抗真菌作用について加瀬 晴香公文国際学園高等部神奈川県
関東平潟湾に押し寄せる稚魚 〜20年前との魚種の比較〜五月女 陽斗関東学院六浦中学校・高等学校神奈川県
関東水中ドローンを用いた藻場再生への挑戦櫻井 優羽静岡聖光学院高等学校静岡県
関東オオグソクムシの長期的な飼育による行動の規則性の解明杉田 桜巳浅野中学•高等学校神奈川県
関東ミドリムシを用いたアクアポニックスの新規肥料の模索鈴木 花梨三田国際学園高等学校東京都
関東カルシウムがザリガニに与える影響藤山 慶人佼成学園高等学校東京都
関西海水生魚食魚であるスズキに右利き・左利きは存在するのか!?奥田 蒼史姫路市立飾磨高等学校兵庫県
関西琵琶湖の外来種及び環境問題入江 真瓶大阪府立芥川高等学校大阪府
関西「悩むときの仕草が津波を止める? ”対津波機構”の開発」江川 才翔独立行政法人国立高等専門学校機構和歌山工業高等専門学校和歌山県
関西魚の体表の細菌 〜単離した電流発生菌〜野々口 昊成大阪明星高等学校大阪府
関西海洋微生物の分布と生態について大橋 蓮兵庫県立芦屋国際中等教育学校兵庫県
関西海なし県で害獣ウニから価値を生み出す土居 千隼奈良育英高校奈良県
関西効果的な形状且つ海の生態系を守る人工リーフの実用化に向けて木村 尚聖立命館高等学校京都府
関西りんくうビーチの水質改善渡邉 紗良愛知県立半田高等学校愛知県
中国・四国ハイブリットアマモで岡山から世界に!槇 憂奈清心女子高等学校岡山県
中国・四国ナベブタムシの生息条件について松岡 敏樹今治西高等学校愛媛県
中国・四国交流型電磁推進船推進装置の改良と開発吉永 埜人岡山県立玉野高等学校岡山県
中国・四国温度差発電で省エネ船舶を実現!児玉 春来愛媛県立今治北高等学校愛媛県
中国・四国アマモ醤油〜ジャマモと呼ばれる海草の可能性〜平岩 恋季岡山学芸館高等学校岡山県
中国・四国光エネルギーを利用した海洋性細菌の色素変化門田 未来愛媛大学附属高等学校愛媛県
中国・四国山口県の漂着ゴミ調査~プラゴミからカブトガニと鳴き砂を守れ~國弘 崚平防府市立国府中学校山口県
中国・四国アオリイカ産卵礁の開発藤原 楓也徳島県立徳島科学技術高等学校徳島県
中国・四国汽水湖での微生物燃料電池による発電と環境浄化宮廻 陽妃松江工業高等専門学校島根県
中国・四国フナムシの歩行運動の促進田尾 望乃果広島県立広島国泰寺高等学校広島県
九州・沖縄「海のミルク」の消失井川 彰太長崎県立佐世保北高等学校長崎県
九州・沖縄江津湖の水温とそれに伴う生物との関係をデータロガーで探る湯治 尚紀真和中学・高等学校熊本県
九州・沖縄和白干潟におけるアサリの産卵期について石丸 文菜福岡工業大学附属城東高等学校福岡県
九州・沖縄天降川水系における希少なエビ類の生態と生物多様性當山 哲国分高校鹿児島県
九州・沖縄海洋生態系の回復に関わるメカニズムの解明森下 綾夏純心女子高等学校長崎県
九州・沖縄棘皮動物の多孔板と体制今村 響熊本県立済々黌高等学校熊本県

今後、このチームの活動についてはマリンチャレンジプログラムのWebサイトに随時更新してまいります。採択者らのチャレンジを応援いただけますと幸いです。

また、上記の40件の研究サポートと並行して取り組んでいるマリンチャレンジプログラム2023 共同研究プロジェクトの採択者も決定いたしました。詳細はウェブページをご覧ください。

マリンチャレンジプログラム2023 共同研究プロジェクト 採択者決定!

本プログラムは、次世代へ 豊かで美しい海を引き継ぐた めに、海を介して人と人とが つながる“日本財団「海と日本 プロジェクト」”の一環で行っています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here