ホーム 未分類 マリンチャレンジプログラム2022 全国大会を実施!最優秀賞は、マルスズキの耳石の形状を解析する辻本 新さんへ

マリンチャレンジプログラム2022 全国大会を実施!最優秀賞は、マルスズキの耳石の形状を解析する辻本 新さんへ

734
0

2023年3月5日(日)、「マリンチャレンジプログラム2022 全国大会 〜海と日本PROJECT〜」を開催しました。本大会では、昨年7-8月に5つの地区ブロックで開催された地方大会にて全40チームの中から選抜された15チームによる口頭での研究発表が行われ、審査によって最優秀賞および各賞を決定しました。各チームからは、8月の地方大会後の研究成果について熱意あふれる発表が行われました。 また、本大会では2022年度に実施した共同研究プロジェクトに参加した10チームによるポスター発表も行われました。

<大会概要>

大会名:マリンチャレンジプログラム2022 全国大会〜海と日本PROJECT〜
日 時:2023年3月5日(日)9:50開場、10:00~16:30
場 所:
参加者:全国大会選出チーム15チーム、共同研究プロジェクト参加の10チーム、審査員、研究コーチ、見学者
内 容:採択チーム15件の口頭発表、共同研究プロジェクト参加チーム10件のポスター発表、ポスター交流会
主 催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス

発表テーマおよび各賞は以下の通りです。

No.研究テーマ名研究代表者学校名受賞名
1棘皮動物の体の方向性今村 響熊本県立済々黌高等学校 
2藻の生物利用による物質生産~光合成の出来る繊維製品の開発の可能性を探る~加藤 乃絵奈香蘭女学校高等科JASTO賞
3津波減波に最適な防波堤形状と設置方法に関する研究問芝 璃音菜新宮高等学校 
4環境DNAの手法を用いたサンショウウオ保全プロジェクト松木 志帆仙台城南高等学校 
5井堰が河川の水質に及ぼす影響松尾 恭加大阪府立富田林高等学校 
6大人になれなかったもやし達~アマモ実生の本葉展開条件の研究~林 志龍岡山学芸館高等学校 
7天降川水系におけるエビ類の生態について町田 征彦鹿児島県立国分高等学校リバネス賞
8遠州灘海岸における離岸流発生要因と兆候の解明松本 成雅浜松学芸高等学校審査員特別賞
9マルスズキの個体による耳石の形状パターンの相違をもたらす原因の考察辻本 新栄東高等学校最優秀賞
10イネに適した施肥量の考察〜豊かな食と水環境を守りたい〜石田 蓮京都府立東稜高校 
11海面上昇により水没のある国々の土壌侵食阻止方法岩田 茉愛立命館高等学校 
12使用済み使い捨てカイロで流れ出る肥料を減らす―山から海を守る伊藤 由菜山陽女学園高等部 
13瀬戸内海から始める海洋プラスチック問題の解決村上 陽向愛媛大学附属高等学校日本財団賞
14ウキゴリ属の生息域は、河川環境の新たな環境指標となりうるか?渡邉 伸瑛山形県立加茂水産高等学校審査員特別賞
15魚類の性転換における生体内外の変化と採血を用いた性識別の確立相木 春人浅野中学高等学校 

<受賞結果>

最優秀賞「マルスズキの個体による耳石の形状パターンの相違をもたらす原因の考察」

辻本 新 栄東高等学校

受賞理由

2歳の頃から始めた釣りを楽しむ中で小さな疑問点を発見し、マルスズキの耳石を大量に集めながら追求する姿に熱意を感じた。夏に実施した地方大会からの短い期間に、身近な魚の不思議に対し、仮説立案から分析・解析のアプローチ構築、結果の考察のすべてがきちんとできており、耳石の謎に迫っていたから。

日本財団賞「瀬戸内海から始める海洋プラスチック問題の解決」

村上 陽向 愛媛大学附属高等学校

受賞理由

今瀬戸内海は日本最大の閉鎖水系として、大人たちはプラごみをなくすモデル地域として世界に発信しようとしている。でもそんな大人の動きに引っ張られずに、大学や地元の関係者とも議論しながら、この課題を自分ごととして能動的に動いている点を評価した。

JASTO賞「藻の生物利用による物質生産~光合成の出来る繊維製品の開発の可能性を探る~」

加藤 乃絵奈 香蘭女学校高等科

受賞理由

光合成で炭素固定する藻類の活用方法の検討が叫ばれていて、その活用方法がまだまだ決まらない中、繊維として使うというアイデアが提案された。まだ開発をするにあたって、解決しなければいけない問題はたくさんあるが、そういうことを検討する段階にきていることを評価した。

リバネス賞「天降川水系におけるエビ類の生態について」

町田 征彦 鹿児島県立国分高等学校

受賞理由

近年、生態系が過去と比較して変化することに悪い印象をもたれる雰囲気の中、天降川では30年前と比較して種数が増しているという事実を明らかにした。それを客観的事実として受け止め、良し悪しではなくて、なぜそうなったのかのディスカッションを行えていた。生態系の変化をどう捉えるとよいのか、非常に考えさせられるテーマだったから。

審査員特別賞「遠州灘海岸における離岸流発生要因と兆候の解明」

松本 成雅 浜松学芸高等学校

受賞理由

離岸流がなぜ発生するのかは研究では説明できるし、熟練のサーファーも経験則で知っている。しかし季節ごとに海底地形は変わっており、ピンポイントの地域でそこまでやっている人はいない。自分たちでモデルを作ったりして解き明かそうとしている。研究を通して一般の人にわかりやすいように、伝えていける、そう思って応援したい。

審査員特別賞「ウキゴリ属の生息域は、河川環境の新たな環境指標となりうるか?」

渡邉 伸瑛 山形県立加茂水産高等学校

受賞理由

ウキゴリ属の種による生息域の違いといった素朴な疑問を検討して、答えていく、かつテンポの良い発表で楽しげでよかった。私自身も動物の形態観察などしている中で、自分もなんでこんなことになるんだろう?と疑問をもったことを確かめている。同じように頑張っている姿を応援したいと思った。

15件の口頭発表の審査は、以下の審査員の皆さまにご協力いただきました。

 氏名所属肩書
審査員長岡崎 敬株式会社リバネス 製造開発事業部部長
審査員中嶋 竜生日本財団 海洋事業部部長
審査員都筑 幹夫一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構代表理事
審査員居駒 知樹日本大学 理工学部 海洋建築工学科教授
審査員岩田 容子東京大学 大気海洋研究所 海洋生物資源部門准教授

 また、当日はマリンチャレンジプログラム 共同研究プロジェクトに参加する10チームもポスター発表を行いました。

<共同研究プロジェクト参加チーム>

No.代表者所属所在地
1齋藤 響葉勝田中等教育学校茨城県
2萬谷 龍逗子開成中学校神奈川県
3春原 美咲横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校神奈川県
4青木 美桜大阪府立枚方高校大阪府
5平野ちひろ純心女子高校長崎県
6中村香菜茨城県立緑岡高等学校茨城県
7山村 華大阪学芸中等教育学校大阪府
8吉本心美岡山県立倉敷鷲羽高等学校岡山県
9藤原 楓也徳島県立徳島科学技術高等学校徳島県
10栄楽 将志種子島中央高校鹿児島県

◎マリンチャレンジプログラムについて

マリンチャレンジプログラム2022の実施概要や全国の採択チーム・研究テーマ一覧は、Webサイトからご覧いただけます。マリンチャレンジプログラムは「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。

URL:https://marine.s-castle.com/

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here