ホーム 未分類 【実施報告】【北海道・東北】マリンチャレンジプロプラム2022 北海道・東北大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む2名の受賞者が決定!

【実施報告】【北海道・東北】マリンチャレンジプロプラム2022 北海道・東北大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む2名の受賞者が決定!

377
0

2022年8月10日(水)に「マリンチャレンジプログラム2022 北海道・東北大会〜海と日本プロジェクト〜」を開催しました。
(主催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)
当日は、北海道・東北地域の5道県から6チームが参加し、海洋や水環境に関する研究発表を行いました。

発表チームおよび、優秀賞受賞チーム、研究代表者は以下の通りです。

<発表演題・優秀賞一覧>

受賞結果No研究テーマ研究代表者学校名都道府県
 1イソガニは環境と餌で模様や色が変化するのか、生と加熱で研究作田 裕紀札幌日本大学高等学校北海道
 2藻類を活用した汚染水処理システムを考える~イシクラゲの大量培養を目指して~遠藤 千裕福島県立福島東高等学校福島県
優秀賞3環境DNAの手法を用いたサンショウウオ保全プロジェクト松木 志帆仙台城南高等学校宮城県
 4メッチャ育つ!ウニの陸上寒天養殖玉沢 魁翔岩手県立久慈高等学校岩手県
 5白竜湖産コイのミトコンドリアDNAの簡易識別と新規プライマーの作成佐藤 充朗山形県米沢興譲館高等学校山形県
優秀賞6ウキゴリ属の生息域は、河川環境の新たな環境指標となりうるか?渡邉 伸瑛山形県立加茂水産高等学校山形県
審査員と松木志帆さんら(仙台城南高等学校)
審査員と渡邉伸瑛さん(山形県立加茂水産高等学校)

<実施概要>
大会名:マリンチャレンジプログラム2022 北海道・東北大会 〜海と日本PROJECT〜
主 催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス
日 時:2022年8月10日(水)13:00-16:40
場 所:TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口
内 容:北海道・東北ブロック採択者らによる研究発表、研究交流会
参加者:北海道・東北ブロック採択者、研究コーチ、その他見学者

<審査員>

 氏名所属・肩書
審査員長塚田 周平株式会社リバネス 執行役員
審査員都筑 幹夫一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構 代表理事
審査員近藤 倫生東北大学大学院生命科学研究科 生態発生適応科学専攻 統合生態分野 教授
審査員占部 城太郎東北大学大学院生命科学研究科 生態発生適応科学 水圏生態分野 教授
審査員西谷 豪 東北大学大学院農学研究科 生物海洋学分野 准教授

各ブロック大会の優秀賞受賞チームは、今回得たことを糧に、さらに研究を行い、2023年3月の全国大会にて研究成果を発表します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here