ホーム 未分類 【実施報告】【中国・四国】マリンチャレンジプロプラム2022 中国・四国大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む3名の受賞者が決定! 

【実施報告】【中国・四国】マリンチャレンジプロプラム2022 中国・四国大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む3名の受賞者が決定! 

324
0

2022年8月19日(金)に「マリンチャレンジプログラム2022 中国・四国大会〜海と日本プロジェクト〜」を開催しました。
(主催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)
当日は、中国・四国地域の4県から8チームが参加し、海洋や水環境に関する研究発表を行いました。

発表チームおよび、優秀賞受賞チーム、研究代表者は以下の通りです。

<発表演題・優秀賞一覧>

受賞結果No研究テーマ研究代表者学校名都道府県
 1磯焼け改善における昆布とスラグの再利用技術冨岡 雅浩愛媛県立松山中央高等学校愛媛県
 2水上オートバイを用いた海洋ごみ回収をSDGs教育へつなぐ中野 帆南大島商船高等専門学校山口県
 3今治市内の農業用水路における淡水生ウズムシの現状と課題赤瀬 遥斗愛媛県立今治西高等学校愛媛県
優秀賞4大人になれなかったもやし達~アマモ実生の本葉展開条件の研究~林 志龍岡山学芸館高等学校岡山県
 5漂着アマモを用いた高付加価値物質の生成の検討川邊 涼介岡山県立岡山一宮高等学校岡山県
優秀賞6使用済み使い捨てカイロで流れ出る肥料を減らす―山から海を守る伊藤 由菜山陽女学園高等部広島県
 7魚類の同種類間における認識能力 ~なぜ群れを形成することができるのか~河野 雄太愛媛県立三崎高等学校愛媛県
優秀賞8瀬戸内海から始める海洋プラスチック問題の解決村上 陽向愛媛大学附属高等学校愛媛県

審査員と林 志龍さんら(岡山学芸館高等学校)

審査員と伊藤由菜さんら(山陽女学園高等部)

審査員と村上陽向さんら(愛媛大学附属高等学校)

<実施概要>
大会名:マリンチャレンジプログラム2022 中国・四国大会 〜海と日本PROJECT〜
主 催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス
日 時:2022年8月19日(金)13:00-17:00
場 所:みなと交流センター「はーばりー」
内 容:中国・四国ブロック採択者らによる研究発表、研究交流会
参加者:中国・四国ブロック採択者、研究コーチ、その他見学者

<審査員>

 氏名所属・肩書
審査員長宮内 陽介株式会社リバネス 農林水産研究センター センター長
審査員佐野 卓郎一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構 理事
審査員坂本 竜哉岡山大学理学部附属 牛窓臨海実験所 教授
審査員斉藤 知己高知大学 総合研究センター 海洋生物研究教育施設 教授
審査員西宮 攻愛媛大学 南予水産研究センター 助教

各ブロック大会の優秀賞受賞チームは、今回得たことを糧に、さらに研究を行い、2023年3月の全国大会にて研究成果を発表します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here