ホーム 未分類 【実施報告】【関西】マリンチャレンジプロプラム2022 関西大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む4名の受賞者が決定!

【実施報告】【関西】マリンチャレンジプロプラム2022 関西大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む4名の受賞者が決定!

324
0

2022年8月5日(金)に「マリンチャレンジプログラム2022 関西大会〜海と日本プロジェクト〜」を開催しました。
(主催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)
当日は、関西の5府県から10チームが参加し、海洋や水環境に関する研究発表を行いました。

発表チームおよび、優秀賞受賞チーム、研究代表者は以下の通りです。

<発表演題・優秀賞一覧>

受賞結果No研究テーマ研究代表者学校名都道府県
 1ブラックバスの食性と環境への影響入江 真瓶大阪府立芥川高等学校大阪府
 2和歌浦干潟でのアサリ養殖~地域振興と生物との共生を目指して~富山 瑛人和歌山県立和歌山工業高等学校和歌山県
 3魚の廃棄物を再利用しよう!〜鱗や骨の有効利用法〜新田 結介福井県立若狭高等学校福井県
 4鏡を活用した魚の生態展示を目指したアユの鏡像自己認知の研究荒賀 丈京都府立桃山高等学校京都府
 5海洋汚染と海洋微生物との関係大橋 蓮兵庫県立芦屋国際中等教育学校兵庫県
 6廃棄されるアクリル板を用いた多孔質物質の合成とイオン交換量多田 侑晟神戸市立科学技術高等学校兵庫県
優秀賞7津波減波に最適な防波堤形状と設置方法に関する研究寺地 航琉新宮高等学校和歌山県
優秀賞8イネに適した施肥量の考察〜豊かな食と水環境を守りたい〜石田 蓮京都府立東稜高校京都府
優秀賞9井堰が河川の水質に及ぼす影響松尾 恭加大阪府立富田林高等学校大阪府
優秀賞10海面上昇により水没のある国々の土壌侵食阻止方法岩田 茉愛立命館高等学校京都府
審査員と寺地 航琉さん(新宮高等学校)
審査員と石田 蓮さん(京都府立東稜高校)
審査員と松尾 恭加さん、岡田志菜さん(大阪府立富田林高等学校)
審査員と岩田 茉愛さん、共同研究者メンバー(立命館高等学校)

<実施概要>
大会名:マリンチャレンジプログラム2022 関西大会 〜海と日本PROJECT〜
主 催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス
日 時:2022年8月5日(金)11:00-16:40
場 所:ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター
内 容:関西ブロック採択者らによる研究発表、研究交流会
参加者:関西ブロック採択者、研究コーチ、その他見学者

<審査員>

 氏名所属
審査員長西山 哲史株式会社リバネス 創業開発事業部 部長
審査員佐野 卓郎一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構 理事
審査員高橋 智幸関西大学 社会安全学部 教授
審査員三谷 曜子京都大学 野生動物研究センター 教授
審査員飯田 隆人大阪大学大学院 工学研究科 地球総合工学専攻 助教

各ブロック大会の優秀賞受賞チームは、今回得たことを糧に、さらに研究を行い、2023年3月の全国大会にて研究成果を発表します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here