ホーム 未分類 【実施報告】【関東】マリンチャレンジプロプラム2022 関東大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む4名の受賞者が決定!

【実施報告】【関東】マリンチャレンジプロプラム2022 関東大会 〜海と日本PROJECT〜を開催。 全国大会に進む4名の受賞者が決定!

335
0

2022年7月29日(金)に「マリンチャレンジプログラム2022 関東大会〜海と日本プロジェクト〜」を開催しました。
(主催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)
当日は、関東の5都県から10チームが参加し、海洋や水環境に関する研究発表を行いました。

発表チームおよび、優秀賞受賞チーム、研究代表者は以下の通りです。

<発表演題・優秀賞一覧>

受賞結果No研究テーマ研究代表者学校名都道府県
優秀賞1魚類の性転換における生体内外の変化と採血を用いた性識別の確立相木 春人浅野中学高等学校神奈川県
 2クニウムチンの増加・抽出の研究〜クラゲからの贈り物〜橋本 沙和桐光学園中学校・高等学校神奈川県
 3魚類における被捕食者の行動特性に関する研究齊藤 翔東京都立白鷗高等学校東京都
 4マイクロプラスチックの作製と小型魚類の摂餌に関する研究小原 芽莉ドルトン東京学園高等部東京都
優秀賞5遠州灘海岸における離岸流発生要因と兆候の解明松本 成雅浜松学芸高等学校静岡県
 6柏崎に生息するカサガイに交雑種は存在するのか?小野 湊士新潟県柏崎高等学校新潟県
 7イソギンチャクの白化からの回復を促す環境要因剱持 吏生サレジオ学院高等学校神奈川県
優秀賞8藻の生物利用による物質生産 ~光合成の出来る繊維製品の開発の可能性を探る~加藤 乃絵奈香蘭女学校高等科東京都
優秀賞9マルスズキの個体による耳石の形状パターンの相違をもたらす原因の考察辻本 新栄東高等学校埼玉県
 10小型で安価な深海探査機の開発 ~海のラジオゾンデ~河合 慈英東京工業大学附属科学技術高等学校東京都
相木 春人さんと共同研究者メンバー(浅野中学高等学校)
松本 成雅さんと共同研究者メンバー(浜松学芸高等学校)
加藤 乃絵奈さん(香蘭女学校高等科)
辻本 新さん(栄東高等学校)

<実施概要>
大会名:マリンチャレンジプログラム2022 関東大会 〜海と日本PROJECT〜
主 催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス
日 時:2022年7月29日(金)11:00-16:40
場 所:TKP横浜ランドマークタワー
内 容:関東ブロック採択者らによる研究発表、研究交流会
参加者:関東ブロック採択者、研究コーチ、その他見学者

<審査員>

 氏名所属
審査員長岡崎 敬株式会社リバネス 製造開発事業部 部長
審査員都筑 幹夫一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構 代表理事
審査員高橋 明義北里大学 海洋生命科学部 教授
審査員北村 亘東京都市大学大学院 環境情報学研究科 環境情報学専攻 准教授
審査員神尾 道也東京海洋大学海洋環境学部門 准教授

各ブロック大会の優秀賞受賞チームは、今回得たことを糧に、さらに研究を行い、2023年3月の全国大会にて研究成果を発表します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here