ホーム 未分類 【お知らせ】マリンチャレンジプログラム2021 全国大会〜海と日本PROJECT~に関するご連絡

【お知らせ】マリンチャレンジプログラム2021 全国大会〜海と日本PROJECT~に関するご連絡

26
0

 2022年3月13日(日)、2021年度の最終成果発表会として「マリンチャレンジプログラム2021 全国大会 〜海と日本PROJECT〜」を対面にて開催致します。5つの地区ブロック大会で全40チームから選抜された15チームによる口頭での研究発表が行われ、審査によって最優秀賞および各賞を決定します。中高生たちが自身の取り組む研究について熱く語り、目を輝かせる姿を是非ご自身の目でご確認下さい。

※COVID-19感染拡大が確認された場合はオンライン、大幅な人数制限を行う可能性があります。予めご了承下さい。
 

<概要>
大会名:マリンチャレンジプログラム2021 全国大会〜海と日本PROJECT〜
日 時:2022年3月13日(日)9:50開場、10:00~16:30(予定)
場 所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原 

スケジュール(予定)

内容内容
一般受付開始9:50〜10:00
開会式10:00〜10:20
口頭発表1〜510:20〜11:35
昼休憩11:35〜12:25
口頭発表6〜1012:25〜13:40
休憩13:40〜13:50
口頭発表11〜1513:50〜15:05 
休憩15:05〜15:10
交流会15:10〜15:50
表彰式・閉会式15:50〜16:30

発表順番

順番演題名学校名
1ボラはなぜ跳ねるのか~平潟湾における溶存酸素量との関係~関東学院六浦高等学校
2魚類の索餌行動における匂いの嗜好性と視覚による認識の研究姫路市立飾磨高等学校
3八幡川河口干潟の生物調査宮城県志津川高等学校
4都市の湧水枯渇~おとめ山公園における湧出量減少の要因~海城高校
5宍道湖に生息するシジミに対するマイクロプラスチックの影響調査松江工業高等専門学校
6水中蛇型ロボットに脚をつけたら蛇足か?~テトラポドフィスの真実を求めて~東京工業大学附属科学技術高等学校
7プラナリアの活動量と環境変化の関係について四天王寺高等学校
8ヘドロを用いたアマモ実生苗確立の基礎的研究~熊本豪雨災害からの復興~熊本県立芦北高等学校
9藻類から作る安全なクレヨン東京学芸大学附属竹早中学校
10光環境でメダカの繁殖効率を上げる西大和学園高等学校
11放射相称であるウニ類の体の方向性とその要因熊本県立済々黌高等学校
12ムチンの増加・抽出の研究〜ミズクラゲからの贈り物〜桐光学園中学校・高等学校
13アマモによる物質循環および干潟生物多様性の保全に関する研究岡山学芸館高等学校
14魚がプラスチックを誤飲してしまう原因を調査しよう!大谷高等学校
15ポリグルタミン酸を用いた汚水問題解決のシステム研究と開発追手門学院大手前高等学校

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here