ホーム 未分類 マリンチャレンジプロプラム2021 全国大会 に出場する15チームが決定!

マリンチャレンジプロプラム2021 全国大会 に出場する15チームが決定!

37
0

2021年8月11日(水)〜18日(水)にかけてマリンチャレンジプログラム2021 地方大会を5大会開催しました。各大会で優秀賞を受賞した15チームが出揃い、2022年3月に開催する全国大会に出場するチームが決定いたしました。

出場するチームの研究代表者等の情報は以下の通りです。

地区研究テーマ学校名研究代表者都道府県
北海道・東北八幡川河口干潟の生物調査宮城県志津川高等学校菅原 慎之介宮城県
関東藻類から作る安全なクレヨン東京学芸大学附属竹早中学校武藤 倫太朗東京都
関東ムチンの増加・抽出の研究 〜ミズクラゲからの贈り物〜桐光学園中学校・高等学校橋本 沙和神奈川県
関東ボラはなぜ跳ねるのか~平潟湾における溶存酸素量との関係~関東学院六浦高等学校館 慧神奈川県
関東都市の湧水枯渇~おとめ山公園における湧出量減少の要因~海城高校青山 空弥東京都
関東水中蛇型ロボットに脚をつけたら蛇足か?~テトラポドフィスの真実を求めて~東京工業大学附属科学技術高等学校佐藤 諒弥東京都
関西光環境でメダカの繁殖効率を上げる西大和学園高等学校大河内 悠馬奈良県
関西プラナリアの活動量と環境変化の関係について四天王寺高等学校野村 福実大阪府
関西魚がプラスチックを誤飲してしまう原因を調査しよう!大谷高等学校木下 結生大阪府
関西ポリグルタミン酸を用いた汚水問題解決のシステム研究と開発追手門学院大手前高等学校帖佐 遥夢大阪府
関西魚類の索餌行動における匂いの嗜好性と視覚による認識の研究姫路市立飾磨高等学校橘 皆希兵庫県
中国・四国宍道湖に生息するシジミに対するマイクロプラスチックの影響調査松江工業高等専門学校野田 美空島根県
中国・四国アマモによる物質循環および干潟生物多様性の保全に関する研究岡山学芸館高等学校入澤 佳苗岡山県
九州・沖縄放射相称であるウニ類の体の方向性とその要因熊本県立済々黌高等学校満永 爽太熊本県
九州・沖縄ヘドロを用いたアマモ実生苗確立の基礎的研究~熊本豪雨災害からの復興~熊本県立芦北高等学校出水 怜哉熊本県

「マリンチャレンジプログラム2021 全国大会」の開催日程は後日発表いたします。

全国大会では口頭発表が行われ、審査によって最優秀賞および各賞を決定します。
見学者募集の案内は追ってマリンチャレンジプログラムWebサイト上で発表いたします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here