ホーム 未分類 【実施報告】マリンチャレンジプロプラム2021 関東大会 ~海と日本プロジェクト~を開催。 全国大会に進む5チームが決定!

【実施報告】マリンチャレンジプロプラム2021 関東大会 ~海と日本プロジェクト~を開催。 全国大会に進む5チームが決定!

28
0

2021年8月12日(木)に「マリンチャレンジプログラム2021 関東大会〜海と日本プロジェクト〜」を開催しました。
(主催:日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス)
当日は、関東の5都県から12チームが参加し、海洋や水環境に関する研究発表を行いました。

発表チームおよび、優秀賞受賞チーム、研究代表者は以下の通りです。

<発表演題・優秀賞一覧>

受賞結果No研究テーマ学校名研究代表者都道府県
 1持続可能性をもったハンディポッドの活用エリア拡大に向けた研究晃華学園高等学校玉岡 柚子香東京都
 2駿府城堀の水質調査静岡雙葉高等学校松村 青依静岡県
優秀賞3藻類から作る安全なクレヨン東京学芸大学附属竹早中学校武藤 倫太朗東京都
 4ウキクサと微生物による水質浄化のための培養方法の確立山梨英和高校池田 遥音山梨県
 5メダカの遺伝子研究~突然変異の割合~伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校坂庭 忠一群馬県
 6観賞用熱帯魚・海水魚の病気治療に関する研究ドルトン東京学園中等部阿武 あかり東京都
優秀賞7ムチンの増加・抽出の研究 〜ミズクラゲからの贈り物〜桐光学園中学校・高等学校橋本 沙和神奈川県
 8荒川水系におけるドンコの分布の現状について多摩科学技術高等学校中村 亮太東京都
優秀賞9ボラはなぜ跳ねるのか~平潟湾における溶存酸素量との関係~関東学院六浦高等学校館 慧神奈川県
 10人工繁殖させた3種のメダカにおける性決定に与える影響浅野中学高等学校松山 竜明神奈川県
優秀賞11都市の湧水枯渇~おとめ山公園における湧出量減少の要因~海城高校青山 空弥東京都
優秀賞12水中蛇型ロボットに脚をつけたら蛇足か?~テトラポドフィスの真実を求めて~東京工業大学附属科学技術高等学校佐藤 諒弥東京都

<実施概要>
大会名:マリンチャレンジプログラム2021 関東大会 〜海と日本PROJECT〜
主 催:公益財団法人日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス
日時:2021年8月18日(日)11:00~17:00
場所:オンライン
内容:地方大会選出チームによる研究発表、研究交流会
参加者:関東ブロック採択チーム 12チーム、その他見学者(オンラインにて視聴)

<審査員>

氏名所属肩書
岡崎 敬(審査員長)株式会社リバネス
知識創業研究センター
センター長
渡辺 謹三一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構理事
佐藤 克文東京大学 大気海洋研究所 海洋生命科学部門 行動生態計測分野教授
水澤 奈々美北里大学 海洋生命科学部特任助教
鈴木 利幸静岡大学 未来社会デザイン機構 サステナビリティセンター特任助教

<研究交流参加校>
採択チーム以外に、研究交流参加校に採択されたチームのショートプレゼンテーションを行いました。

No研究テーマ学校名研究代表者都道府県
1淡水産二枚貝の長期飼育とタナゴの繁殖浦和実業学園中学校・高等学校宮本航聖埼玉県

各ブロック大会の優秀賞受賞チームは、今回得たことを糧に、さらに研究を行い、翌年3月の全国大会にて研究成果を発表します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here