ホーム 未分類 【お知らせ】中国・四国大会 実施詳細について 2020年8月23日(日)13時00分〜

【お知らせ】中国・四国大会 実施詳細について 2020年8月23日(日)13時00分〜

20
0

JASTO(一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構)は、株式会社リバネス、日本財団とともに、2020年8月23日(日)に「マリンチャレンジプログラム2020 中国・四国大会 〜海と日本PROJECT〜」をオンラインにて開催致します。本大会では岡山県・高知県・広島県・愛媛県・岡山県・山口県・鳥取県から集まった中高生7チームによる口頭での研究発表が行われ、研究者の審査により、翌年3月に東京で開催する全国大会への出場チームを決定します。中高生達が研究テーマについて熱く語り、目を輝かせる姿をを是非ご自身の目でご確認下さい。

※ポスター交流会参加チームは「研究交流会」の時間にオンライン上で発表して頂きます。

1.概要

大会名:マリンチャレンジプログラム2020  中国・四国大会〜海と日本PROJECT〜

日時:2020年8月23日(日)13:00-17:00  (一般受付開始:12:50)

参加者:プログラム採択チーム7チーム、ポスター交流会チーム、その他見学者

※見学参加者は事前のお申込みが必要です(見学参加無料)

主催:公益財団法人日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構、株式会社リバネス

2.当日スケジュール(予定)

時刻 プログラム内容(予定)
12:50 受付
13:00 開会式
13:20 口頭発表1~4
14:20 休憩
14:30 口頭発表5~7
15:15 休憩
15:25 研究交流会
16:05 表彰式・閉会式・集合写真撮影
17:00 解散

3.発表順(予定)

No 研究テーマ 学校名 研究代表者
1 毛の生えた貝類 〜殻皮毛には何の役割があるのか?〜 鳥取県立鳥取西高等学校 廣富 育
2 牡蠣殻を用いて干潟の生物多様性を回復する手法の確立に向けて 岡山学芸館高等学校 六車 心音
3 土佐湾沿岸の海岸環境と微小貝 土佐塾高等学校 和田 大生
4 人工リーフの形状や配置による消波力の違いと海岸の生態保全 愛媛県立今治北高等学校 清水 颯
5 画像認識による海洋ごみ自動回収船の開発 呉工業高等専門学校 弘中 勇人
6 養殖鯉の廃棄稚魚からの肥料生産 広島県立世羅高等学校 吉儀 智也
7 モクズガニの遡上に影響を与える堰の条件の解明 金光学園中学・高等学校 田中 宏樹

4.ポスター交流会チーム

No 研究テーマ 学校名 研究代表者
1 ウナギはいつから底にいーるようになるのか? 岡山理科大学附属高等学 大平涼太

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here